ライフスタイル 動画送る

パソコン・スマホで容量の大きい動画や写真ファイルを送る方法

更新日:

動画を送るパソコン・スマホで容量の大きい動画や写真ファイルを送りたい

動画・写真・音楽など、パソコンやスマホで容量の大きいファイルを送る方法が解らず困った事はありませんか?大容量ファイルを送る方法って意外に知らないものなんですよね。

メール添付だけで送れればいいのですが、実はメールに添付可能なファイルの容量はあまり大きくありません。現在、docomoのSPモードメールは最大でも10MBまで、AU版iPhoneは3MBまで、ソフトバンク版iPhoneは1MBまで、PCメールのgmailでも25MBまでだそうです。

LINEも動画を送るには300MBまでの制限があります。いずれにしろ大きめの動画や大量の写真などを送るには厳しい容量ですね。

では、そのような容量の大きいファイルを送るにはどうすればいいでしょうか?ここではその方法の中でも比較的簡単にできるものをまとめてあります。

スポンサード リンク

一番簡単?ファイル転送サービスを使う方法

動画を送るサービス大きなファイルを送る方法の中で恐らく最も手軽なのが「ファイル転送サービス」を使う方法です。ファイル転送サービスとは、WEBサイト経由でファイルを送るサービスです。

WEBサイトを使って送信するので、相手もいちいちアプリなどをインストールしないでいいので手軽ですし、パスワードがかけられるサービスもあるので、他人に見られたくないファイルも送れます。また、利用料金も無料なものがほとんどです。

使い方も簡単。ファイル転送サービスのサイトを開いて、送りたいファイルを選択しアップロードします。するとダウンロード用URLが生成されるので、そのURLをメールやLINEで相手に送ります。そして相手にそのURLをクリックしてダウンロードしてもらうだけです。

自分の持っているデバイス間でへデータを転送をしたい時にも便利です。例えば自分のスマホから自分のパソコンへ移したいデータがあるなら、ファイル転送サービスを使ってスマホからアップロードして、パソコンでダウンロードすれば、データ移動が簡単にできます。

※android携帯にて動作テストをしましたが、お持ちの携帯電話のキャリアによってはうまく動かない可能性もあります。ご利用にあたってはサイト内の説明をよく読み、使い方や規約などをチェックして頂けますようお願いします。

スポンサード リンク

使いやすいものを選べる、アプリを使う方法

動画を送るアプリandroid/iPhoneアプリの中にも大きな容量のファイルを送信するのに特化したものがあります。海外アプリが多いですが、日本語に対応しているものを集めました。

Send Anywhere
双方のインストールがあればアカウント作成不要でファイルをやりとりできるアプリ。6ケタのセキュリティーキーとSSL通信でファイル共有をします。Wi-Fiやモバイルデータなど、ネットに接続できればどんな回線でもやりとりが可能。共有の容量制限もありません。

Sunshine
アカウントを作成する必要があるものの、10GB程度のムービーでも数秒で共有可能なアプリ。クラウドを使用せず当事者たちのデバイス上のみでファイルのやり取りが行われるので、プライベートな動画を扱う場合も適しています。ファイルサイズ無制限です。

Xender
こちらも10GB程度のファイルを10秒程度でやり取り可能。モバイルでは双方のインストールが必要なものの、パソコンで受信する際にはソフトのインストール不要なのが嬉しいポイント。最大で同時に4つのデバイスに送信できる。ファイル共有容量の上限はありません。

スポンサード リンク

様々に応用可能、オンラインストレージを使う方法

オンラインストレージ動画オンラインストレージとは、ネット上に自分のファイルを保存したり共有したりできる領域を持てるサービスです。ネット上に自分専用のフォルダを置ける感覚ですね。

アップロードしたファイルは基本的に他人が見ることはできません。しかし、設定によって任意のファイルを他者に共有することができます。また、オンラインストレージにアップロード可能なファイル容量は無料プランで2GB以上あるところが多く、大きなファイルを扱えます。

送りたいファイルをアップロードしたのち共有設定にするとURLが生成されるので、そのURLをメールなどで相手に送ります。相手側がそのURLにアクセスすれば、ファイルを見たりダウンロードすることができるようになります。URLならメールで送れますし、相手方はソフトをインストールしたりしなくても大丈夫なので楽ですね。

オンラインストレージは有名なものに、Dropbox、SugarSync、Googleドライブ、Yahoo!ボックス、Amazon Cloud Drive、SkyDriveなどがあります。アプリがあるものも多く、携帯から使うときにも便利です。

慣れないうちは使い方を難しく感じるかもしれませんが使いこなせるようになると非常に便利なサービスなので、この機会にアカウントを作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク

送れる容量無制限、Skypeを使う方法

skype動画を送るSkypeを使えばファイルを送受信することができます。PCユーザーにはおなじみのソフトであるskypeですが、iPhone・androidアプリも登場しています。

スカイプの最大の利点は送れるファイルのサイズに制限がないことです。なので圧縮などしなくても、長い動画や大容量のファイルを送ることができます。

双方にスカイプがインストールされていれば、どのデバイスでも、どんなファイルでも送れます。ただ現在のところSkype for iPhoneとiPadでは、送信できるファイルは画像データのみになっているようです。(Skype for androidではどんなファイルでも送れます)

基本的にアカウント間で送信するため、同一アカウントでのやりとりは出来ない模様です。なので自分のパソコンから自分の携帯に送るという使い方はできないでしょう。

また、動画を送るのであればSkypeビデオメッセージという機能があり、撮影した3分以内の動画を送ることができます。ただ、これは撮影したムービーを送る機能であり、動画ファイルなら何でも送信する機能ではない点に注意してください。

ユーザー同士ならおススメ、LINEを使う方法

LINEで動画を送るLINEを使えば動画や画像を簡単に送る事ができます。送り手・受け取り手の双方がLINEユーザーであればキャリアやハードが違っても送受信できるのが利点です。

通常、投稿はトーク相手だけが見ることができ他の人に見られることはありません。トークグループを作成すれば一度に多人数に通知することができますし、トーク画面から動画や画像の保存が簡単にできるので、送受信の手軽さでいえばトップクラスです。

しかしながら、LINEにアップロードできるファイルの容量は、画像だと1ファイルにつき3MB以内、動画だと300MB(長さ1分30秒)までの制限があり、このサイズをオーバーすると「制限容量または制限時間を超過しているため、送信できません」というエラーが出ます。

このことから、LINE単体だと長い動画などのファイルは送れないと考えたほうがいいでしょう。分割やクリップ(トリミングによるカット)などで編集しても限度があります。

よくネットでLINEの裏技として紹介されているのがdropboxなどのオンラインストレージを組み合わせる方法ですが、この方法は普段オンラインストレージを使わない人には若干難しいので、ファイル転送サービスを使ってLINEでURLを送ったほうが簡単だと思います。

スポンサード リンク


関連リンク:パソコン・スマホで大量の写真データをまとめて一気に送る方法

Copyright© ネットで稼ぐおすすめの方法!簡単・無料で儲かる副業のやり方 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.